投資において重要なポイントの一つとなるのが、リスクヘッジです。どんな投資であっても必ずリスクは存在しているものですが、これをいかにして抑える事ができるのかが重要なポイントとなります。それでは、リスクヘッジにはどのような方法があるのでしょうか。まず基本となるのが「投資先の分散」です。1つの投資先に投資を集中していると、その投資先に問題が発生した場合に大きな損失を被ることになります。

そしてもう1つが、「投資先の予測」です。もちろん、投資先が今後どうなるのか、ということを完全に予測することは出来ません。しかし、有る程度までであれば傾向を見ながら判断することができます。その方法となるのが、チャートを利用するものです。株価のチャートには様々な情報が含まれています。そのままで見ても分かることがありますが、さらに詳しい情報を知るためにはテクニカルチャートを利用するのが良いでしょう。補助線を引くなどして、チャートの内容をより沸かやすく分析出来るようにするもののことを言います。

長期投資の場合にはトレンドチャートを、短期投資の場合はオシレーターチャートを利用して予想を行えば、投資の成功率を高めることが出来るでしょう。