投資を行う場合、どういったリスクが発生する可能性があるのかを予想することが重要になります。リスクが高くなりそうであればその投資をやめることも考えられるでしょう。逆にリスクが低いままであるならば、長期保有をすることも選択肢に入るわけです。こういったリスクについて把握するためには、テクニカルチャートを用いる方法があります。それでは、どのようなテクニカルチャートを利用することが出来るでしょうか。

株式投資の場合には、株価平均などを対象にしたテクニカルチャートを利用することができます。テクニカルチャートにはトレンドチャートとオシレーターチャートという二つの種類があり、それぞれに意味があります。トレンドチャートでは中長期的な値動きの予測を行うことができ、どの時点で株価の進行方向が反転するのかを判断するために利用できます。オシレーターチャートは短期的な株価の動きを予測するためのものであり、短期投資の際に活躍するでしょう。

株式以外の投資でも利用できるテクニカルチャートがあります。例えばFX投資の場合、ドルインデックスが利用できます。ドルインデックスはドルと他通貨との関係を示したもので、ドルの強さを判断するのに使われます。